観葉植物 / 豊橋の花屋、フラワーハウスたなべ

~観葉植物GALLERY~


写真は過去に取り扱った植物です。
時期や仕入れによって店頭商品は変わりますので、
ご希望の観葉植物を探す参考にイメージとしてご覧下さい。


~観葉植物~


○観葉植物の選び方

・春~夏に買いましょう!
観葉植物の多くは暖かい地域の物が多いので、生産農家では暖かい環境で管理されています。その為、寒い冬に購入すると急激な環境変化にさらされる事で購入後に枯らしてしまうリスクが高まります。 また、植物の流通量も春~夏が多く冬場は少ないので春~夏の方が多くの種類から選びやすくなります。
・元気な物を選ぶ!
葉の色、艶、幹や根、茎がしっかりしているかを確認して購入しましょう。
暖かい時期であれば新芽が元気にしっかりと出てきているかどうかは比較的わかりやすい判断材料になります。
・鉢は大事です!
鉢がプラスチックの場合、安価ですが出荷時のまま植え替えてない事が多いので根が詰まっていたり、虫が出やすいなど土が室内には向かない土の場合があります。
また、プラ鉢は軽く倒れやすいが動かしやすく、陶器鉢は重くて倒れにくいが割れるし移動しにくいなどそれぞれメリットデメリットがあります。
基本は自分で植え替えれる人はプラ鉢で、贈り物やそのまま飾りたい人は陶器鉢で良いと思います。


○観葉植物の育て方

・まず自分を知る!
世話好きでマメな人は水のあげすぎで枯らし、ズボラな人は水切れで枯らします。
実は「水のあげすぎ」は観葉植物を枯らす理由ダントツの1位です!
・置き場所は大丈夫??
観葉植物の置き場所の基本は明るくて風通しの良いところ。
エアコンの真下やTVの横はNGです。乾燥や急な気温変化、熱等で弱りやすくなります。また、よく埃がたまる場所は風通しが悪い証拠ですので避けましょう。
・水遣りはスパルタでいい!
水遣りの基本は「土が乾いてからたっぷりと。鉢皿の水はすぐ捨てる。」です。
ポイントは土の中までしっかり乾かす事。土の中が常に湿っていると根が腐って枯れてしまいます。特に冬場は生育が鈍り根が水を吸収しにくくなるので注意が必要です。
感覚をつかむまでは割り箸を挿す等して土の中の乾き具合をチェックしましょう。
また、しっかりと乾かす事で水分を求めて根を広げる為、スパルタの方が強く育ちやすくなります。
※多湿を好む植物もあるのでお店で確認しましょう。
・植物は思ってるより強い!
植物は繊細ですが意外に強く、大体の観葉植物は2~3週間水をあげなくても枯れたりしません。種類によっては1ヶ月以上、半年以上水無しでも大丈夫な植物もあります。
また、環境に適応する力もあるので半年~1年程度無事に過ごせばその環境に適応して枯れにくくなります。
・まだ死んでない!
意外に多いのがまだ生きてるのに枯れたと思って捨てちゃう人。
観葉植物は葉、幹、根のどれかが無事であればまだ生きてます。種類によって異なりますが葉っぱや幹の一部だけでも根が出て復活します。
かなり簡単に復活するので捨てる前に試してみましょう。

~多肉植物~

・多肉の魅力
ぷくぷくした見た目はもちろん花も咲き紅葉も楽しめます。
生命力、繁殖力が強く丈夫で育てやすいのも魅力の一つです。
・育てるコツ
乾燥にとても強く多湿に弱いので水のあげすぎに注意するくらいです。
日光が当たれば割とほったらかしでも気がついたら増えてます。意図的に増やしたい場合は葉をもぎって土の上に置いておくだけで根がでてやがて新芽が出ます。
多肉植物 / 豊橋の花屋、フラワーハウスたなべ

  • tel

  • map